【目が赤い】(当院の得意分野です)

  充血の多くは目やに・痛み・かゆみ・花粉・腫れ・乾燥・異物など伴います。

  一部で感染力の強い結膜炎もあり、早期に診断しないと感染が広がります。

  原因を分析し正しく治療するにはベテラン眼科専門医による診療が必要になります。

  日常で見られる目の赤みに対する診療そのものは、通常数分で終了します。

  ご予約いただければ、わずかな滞在時間で診療が完結することがほとんどです。

  ORT1.JPG - 70,522BYTES

  流行性角結膜炎・咽頭結膜熱(プール熱)

  幼稚園〜学校内で高頻度に起きるアデノウイルスによる結膜炎です。

  通常はかなり強い充血・大量の目やにを伴います。

  診断された場合は、学校保健法により学校などへ出席ができなくなります。

  接触によって感染が広がるので、家族間では特に感染しやすいです。

  希望者に対して「治癒証明書」「登校・登園許可書」を発行しております。

 

  まぶたの腫れ

  まぶたが赤く腫れあがる原因として、

  眼瞼炎・ものもらい・霰粒腫・アレルギーなど様々あります。

  一時的なまぶたの赤み・腫れであれば短期間で治癒することがほとんどですが、

  一部の眼瞼炎や霰粒腫は治癒までにかなりの時間を要することがあります。

  最初の診断・治療方針が重要なので、

  ベテラン眼科専門医による診察が必要になります。

 

  アレルギー性結膜炎

  花粉・動植物との接触、自宅内のほこり・カビ・ダニとの接触、

  不適切なコンタクトレンズ(CL)使用によって、時々かゆみを伴う充血が生じます。

  点眼治療することのみならず、原因を取り除くことが治療上重要になります。

  ※花粉症→花粉対策 その他アレルギー→アレルギー源接触回避

   CL使用者→CL中止・短時間使用

 

  異物混入

  移動中や作業中に、眼内に異物混入したために充血を起こすことがあります。

  まつ毛エクステによるトラブルも増加しております。

  顕微鏡で異物を早急に除去、場合によっては洗眼する必要があります。

  目はとても小さく繊細な感覚器です。

  治療で行われる顕微鏡操作はミリ単位の操作が必要になるため

  慣れたベテラン眼科専門医で対応する必要があります。

 

  ドライアイ・乾燥

  近年のスマホ・CLの普及によって、

  ドライアイや乾燥に伴う充血を訴える方が増加しております。

  症状の程度に応じて、様々な点眼治療を提案しております。